インプラントとその他の治療法との比較

ct005

このページでは、インプラントと他の治療法メリット・デメリットをわかりやすく比較いたします。

インプラント

メリット
・違和感がない
・歯槽骨(顎の骨)がやせない
・ずれたり外れたりしない
・健康な歯を削らずに治療ができる
・自分の歯に近い自然な見た目が得られる
・自分の歯と同じような噛み心地が得られる
デメリット
・抜歯と同程度の手術が必要
・入れ歯・ブリッジに比べ費用が高い
・全身疾患がある場合、治療できないことがある
・治療時間が長い

comparison_img01

入れ歯

メリット
・費用が安い
・健康な歯を削らずに済む
・治療期間が短い
デメリット
・違和感がある
・発音に問題が生じやすい
・見た目があまり良くない
・堅い食べ物が食べにくい
・バネをひっかける歯に負担がかかる
・歯が抜けた部分の歯槽骨がやせやすい
・ずれたり、歯の間に食べ物が挟まったりやすい

インプラントとその他の治療法との比較

ブリッジ

メリット
・噛み心地に違和感がない
・入れ歯に比べ、目立たない
・治療期間が短い
デメリット
・健康な歯を削る必要がある
・入れ歯ほどではないが発音に問題が生じやすい
・支えとなる歯の強度によって、耐久性に個人差がある
・ブリッジがずれたり、食べ物が挟まったりしやすい
・歯が抜けた部分の歯槽骨がやせやすい

インプラントとその他の治療法との比較

総合評価

入れ歯    ブリッジ   インプラント
見た目
噛み心地 ×
密着性 ×
費用 ×

インプラントのすすめ

comparison_img04

入れ歯
昔からある治療法ですが、噛み心地と見た目はあまり良くありません。ただし費用は一番安く済むので、入れ歯は一般的な治療方法といえるでしょう。

ブリッジ
トータル的に見た場合では、不便さや違和感は感じにくい治療法です。ただここで忘れてはならないことは、ご自分の健康な歯をかなり削らなければならない点と、歯を食いしばったときに抜けた分の歯の力を支える荷重がかかる点です。健康な成人男性が歯を食いしばったときにかかる荷重は100 kg以上に達する場合もあり、歯に大きな負担がかかります。

インプラント
費用はかかりますが、治療後は失ってしまったご自分の歯にほぼ近い状態に仕上がります。入れ歯やブリッジのように、ずれたり歯に食べ物が挟まったりすることがなく、きちんと噛むことができるので、消化器官にも負担がかからず脳に良い刺激も与えられます。

インプラントは他にこんなメリットもあります。

「歯槽骨がやせない」

入れ歯・ブリッジでは、噛んだときの骨への刺激が少ないため歯槽骨が弱ってしまいます。しかし、インプラントであれば自然歯に近い状態で物を噛むことができるため、顎の骨が退化しません。

「長期的な使用に向いている」

インプラントは「第2の永久歯」を呼ばれており、メインテナンス次第で数十年にわたっての使用することも可能です。

インプラントと比べ、入れ歯やブリッジは費用の負担が少ないというメリットが挙げられます。しかし、ずれたり外れたりすることもあり、その場合には再調整や作り直しが必要となります。その点、インプラントは長期的に使用できるため、必ずしも費用が高いとはいえないかもしれません。

昔のように食べたいものがおいしく食べられる喜びを味わっていただくために、当院ではインプラント治療をおすすめしています。