CT導入

ct01

最新鋭の機器。

当院では歯医者としてはまだまだ普及していないCTをいち早く導入いたしました。

レントゲンと違い3Dで立体的に患部を確認できるため、より適切な、より安全かつ効率的に患者さんの負担を最小限に抑えた治療ができるようになりました。

今後も患者さんのためになるような設備の導入を図ります。

CT撮影することで欠損部の骨形態や神経の走行部位が把握でき、適切なインプラントサイズの選択、理想的なポジショニングが把握できます。

治療の流れ

インプラント治療の流れを、7つのステップでご紹介します。

STEP 1 審査と治療計画

flow_img01

現在の歯の状態に対して正確な審査を行い、インプラントに必要な基準を満たしている状態であるかの確認を行います。

審査により治療ができないケース

歯周病がある
口内が非常に汚れている
噛み合わせの状態が悪い など

次へ

STEP 2 局所麻酔

flow_img03

麻酔は、コンピュータ制御による局所麻酔装置を使用しているので、手術中の痛みはほとんど感じません。
また、痛みに敏感な方や麻酔に抵抗感がある方に対しては、専門麻酔医による静脈内鎮静法を行っています。

次へ

STEP 3 人工歯根(フィクスチャー)の埋入手術酔

flow_img04

人工歯根(フィクスチャー)を歯槽骨(顎の骨)に埋入します。人工歯を入れるための準備行程であり、大切な手術です。

次へ

STEP 4 治癒期間

flow_img05

手術の後、歯槽骨と人工歯根が結合されるまでの3~6ヶ月の間は治癒期間を設けます。

※治癒期間は歯槽骨の厚さなどによって個人差があります。また、治癒期間中には必要に応じて仮の歯を入れる場合もあります。

次へ

STEP 5 アバットメントの連結

flow_img07

人工歯の支台となるインプラントの以下な結合部品(アバットメント)を人工歯根に連結します。

※状態により、簡単な手術を行う場合もあります。

次へ

STEP 6 人工歯の装着

flow_img09

インプラント(フィクスチャーとアバットメント)を含めた、口内全体の印象採得(型をとること)を行います。そして型から人工歯を作製し、アバットメントの上に人工歯を装着して完了です。

 

次へ

STEP 7 メインテナンス

flow_img10

インプラント治療が終わった後には、インプラントを長持ちさせるための定期的な検診と適切な歯磨きなどのケアが不可欠です。インプラントは虫歯にはなりませんが、ケアを怠るとインプラント周囲炎や歯周病になるので、自分の歯と同様に十分に気をつける必要があります。

費用について

インプラント治療費

1本あたりのインプラント手術費の目安
インプラント手術費(人工歯根+人工歯) 35~45万円
その他の治療費
インプラント診断料
診断用ステント、診断用模型、レントゲン代 30,000円
インプラント手術の前に、現在の歯の状態をCTスキャンで確認する場合
CT撮影料 15,000円~
静脈内鎮静法 50,000円
骨造成 100,000円
 

保証制度

インプラントに関する保証期間を10年とさせていただいています。これは歯科医師が定めている定期健診(3~6ヶ月ごとに1回)を受けられている方が対象です。

※治療費はすべて税抜きです